保護犬を迎える 個性を磨く~経験×新たな好奇心~ 小さな好奇心も拾う

動物保護団体「ととのんハウス」見学だけのはずが…【保護犬を迎える その4】

 

保護犬の面会当日、現地到着。

 

募集スタートの2日目なんて、当然、トイプードルはすべて譲渡決定済み!笑

 

とりあえず見学だ!

 

ここで何かしら行動に移さないと埒が明かない気がしたんです。

 

※文章中に、❝圧❞という言葉が出てきます。この「圧」はあくまでボランティアさんの親切心からくるものです。

 

10畳ほどのひと間に5匹ほど放し飼い。スタッフさんが3名。

 

狭い!

 

が、特有の動物臭はない

 

初心者としてはドキドキ。

 

あ、トイプードルだ!実物を見るとやっぱり、かわいいいいいいいい。

 

トイプードルが欲しい!!!

その欲望だけに素直に強気になれない自分に後悔…

 

なぜって、

早いもの勝ち、外見だけで里親が決まっていくところがどうしても引っかかる。

 

さて、現地では

スタッフさんに半ば強制的に座らされた途端、チワワを膝の上にポンと置かれました。

 

いやがおうでも抱くことになりますわな。

 

そして、膝の上のチワワについて、いろいろ聞かされることに…

 

でもこのチワワ、指名してないワンちゃんだし、今日は見学のつもりだし…

するとボランティアさんが間髪入れずに、

 

この子は本当に手がかからない、良い子なんですよ

こんな子、珍しい!

 

と皆さん、大大大絶賛。

 

確かに、えらくおとなしいチワワ!

無駄吠えもない。

 

正直、犬にびびっている。
そんな初心者の膝の上でじっーーーとしている。

 

嫌がっている風でもない…

 

なんか…

 

温かい

 

さっきからペロペロと指をなめてくる…

 

ただのアホなんかな…

 

今ここで、里親になるか決めて下さい!

 

えっと、えっと…(犬、指をペロペロ)

一度帰って決めたいのですが…

 

だめです。ここで決めてください。

 

えっと、えっと…(指をペロペロ)

 

こんなにカワイイ子、なにを迷っているの??

 

えっと、えっと…

 

この子、すぐ他の人に選ばれちゃいますよ!

 

さあさあ!

 

さあさあ!

 

さあさあ!

 

(スタッフさんの視線の圧がすごい)

 

どうします?どうします?

 

(圧、圧、圧)

 

えっと、えっと、一度帰って家族と相談し…

 

面会時間もとっくに過ぎているんですよねー

 

きたー、語尾にかぶせてくる! 圧が半端ない!!!!!!!!!!!

 

今、ここで決めていただかないと譲渡はできませんよ!

 

うわーーー、圧以外、何もない!!!

 

 

か、

 

か、

 

か…

 

飼います!!!

 

あーー言ってもうた言ってもうた、自分、本当に飼えるのか?

 

大丈夫なのかあああああ?

 

(変な汗)

 

気づけば契約書にサインをしていました!

 

 

完全に、圧、に負けました…

いざという時に、強気になれない自分。

 

 

ただ振り返ると、

ここで圧に負けていなかったら、きっと、犬自体、飼っていなかったでしょう。

 

そして、

ボランティアさんの言う通り、ほんとうに聞き分けがよく、大人しい、賢いチワワでした。

 

後日、引き取りに伺った際も、別のボランティアさんが、このチワワは扱いやすい、いい子ですよ、と。

 

今、引き合わせてくれたことに感謝しています。

 

トイプードル、というだけで飛びつかなかった自分、あの直感は正しかった!

 

 

注意

文章中に、ボランティアさんの❝圧❞という言葉が出てきます。誤解を生みますね…
この「圧」はあくまで親切心からくるもの。
特に初心者は、決断せず、家に戻ると結局、その犬は他の方に譲渡され後悔される方が多いようです。

(つづく)

-保護犬を迎える, 個性を磨く~経験×新たな好奇心~, 小さな好奇心も拾う

© 2021 マグノリアのカエル Powered by AFFINGER5