保護犬を迎える 個性を磨く~経験×新たな好奇心~ 小さな好奇心も拾う

やりたいことをやる!好奇心を追え!【保護犬を迎える その1】

やりたいことは積極的にやる』ことを心に決め、実践中です。

 

が、これだけはどう転んでも叶わないだろうという夢がありました。

 

それは、犬を飼うこと

 

なぜなら、家族の猛反対にあっていたからです。

子供の頃から、ずーーーーっと飼いたいと言い続けては却下。それも私以外の家族全員から『絶対ダメ』『飼うなら家から出ていけ』と。

 

しかし、コロナ禍で一転。家族の考え方が軟化。

 

人間だけの引きこもり生活に限界を感じたのか、

単純にお互い年取ったのか、

猛反対していた家族が折れ、やっと飼うことに許可がでました!!

 

そして、めでたく、犬を迎えることに。

 

それも保護犬を!!

 

しかし、保護犬を飼うまでの道のりは、険しく長かった…

 

なぜなら、

独り暮らし、
シングル、
独身者だから!!!!

 

どんな呼び方でもいいですが、

 

とにかく独り者には、ハードルが非常に高い

 

あまりの冷遇に、一時期、完全に興味が失せた。

 

独り暮らしで保護犬を迎えたいと思っているあなた!

 

朗報です。

独り暮らしでも、あきらめなければ保護犬は迎えられます!

 

保護犬を迎えられた経緯について、シリーズで、お伝えします。

 

 

初めの一歩は、保護犬をリアルに感じる

 

まずは保護犬の簡単な説明から。

 

保護犬とは、飼育放棄、多頭犬飼い崩壊、ブリーダー放棄&崩壊など人間の勝手な事情で捨てられてしまった犬のこと。

コロナ禍の引きこもり生活では空前のペットブーム。それと平行して放棄される犬も増加中…

 

公的機関に保護されれば、一定期間を過ぎると殺傷処分。

それまでに引き取り手が現れれば超ラッキー。

 

たいがい、保護団体がそんなかわいそうな犬たちを引き取り、積極的に里親さんを募集し譲渡しています。

 

参考

ペットショップで売られている子犬のお値段をご存知ですか?

近くのペットショップ屋では、トイプードル(4ヵ月)が65万円。

絶叫とめまいが同時に起こりそうになりました。

 

今、youtubeでは、保護犬を迎えた日々をつづった動画が多く流されてますよね。

 

それも大人気。

 

私もにやにやしながら観てました。

 

観るだけでも癒される!

 

夜になるとずっと犬の動画を観て、にやけているため、家族は、完全に呆れていましたね。

 

ただ、振り返ると、これが現実に引き寄せた要素のひとつかもしれません。

 

この癒される気持ち・感情が、動画によって非常にリアルに感じられる、ことは欲しいものを引き寄せるには必要不可欠で、影響は大きい、と思われます。

 

なにせ、毎晩のように犬の動画を観続け、にやけていましたから。

その結果、家族には完全にあきれられ、そしてあきらめてくれました。

 

つまり、この感情を保つことにより、周りに影響を与えたんです。頑固で強靭な家族から許可が出たんですから!

 

まさに奇跡が起きた!

 

ペット用品をそろえ始めるが、お金はかけない

 

許可が出たら、次は、家の中でどのように飼うかシュミレーションを始めました。

 

まずは、動画からヒントを得て、2点を着手。

 

1.ケージをどうするか
2.ペット用トイレはどこに置くか

 

ところで、

ペットはお金がかかりますよね。貧乏人は犬は飼えない、というイメージ…

 

しかし、本当にそんなにお金がかかるのだろうか。

 

ペット用品にお金をかけるのは人間の満足を満たすため。

犬にとって、しっかり機能を果たせば何でもいいはず。

 

情報収集、そこから知恵をしぼり、手作りを率先、工夫して、お金をできるだけかけない、ことを決めました。

 

なぜなら、お金をかけたら、キリがない…

 

まずは、ケージよりクレートだ!

 

ケージよりもクレートが犬の住処となり、人間にとっても便利であることを知りました。

 

犬はもともと穴蔵で暮らしていたため、暗い狭い場所を好むようです。

 

また持ち運びにも便利ですし、非常時にもクレートを持っていけば事足ります。

 

クレートは犬にとって安心できる居場所なんですね。

 

さて、クレートをどうやって手に入れるか?

 

新品を購入する気なんて、まるでなし。

早速、ジモティをチェック。

 

すると、クレートが出品されているではありませんか!

飛行機持ち込みを公式認定されているクレート、5000円相当が、1500円でゲット!

 

 

 

なんだか、ついてる。
こんな都合よいタイミングってあるのだろうか…

 

さらに犬用トイレまでも出品されてる!

 

サイズの違う3点をタダで譲り受けました。

ラッキーの連続!

 

ちなみに、トイレシートなんか買いません!
試しに新聞紙をしいたら、まったく匂わなかった!

 

ジモティ、最高です。ありがとう。

 

ケージもどきを作ってみた!

 

ケージは、机の下にそれらしいものを手作りしました。

 

材料は100円ショップでワイヤーネットや、すのこを購入し、適当に組み合わせ出来上がり!

 

あれやこれや試行錯誤するので、それなりに時間はかかります。ここら辺は楽しみながらできますよ。

 

いつでもお迎えできるように最低限の準備は整えました。

 

しかし、ここからが想定外の険しい道のりが始まります。

 

保護犬譲渡、を甘く見てました

 

そんな簡単に引き寄せられるわけではありませんよね…

(つづく)

 

まとめ

 

好奇心を追えば、人生にハリが出ます。

ある程度、歳を取ると経験も増え、新しいことも少なくなりますよね。

 

経験によって、にわか学習しているから、やってもいないのに決めつけている自分がいませんか?
その結果、トキメキがない…

気づけば、日常が色あせています…

 

少しでも好奇心があれば決めつけないで、意識して行動を起こすようにしています。

 

今回、最初は無意識に動画を見ていましたが、そのあと、積極的に行動に移してみたら、叶わないと決めつけていた夢が、コロナを契機に想定外に叶いました。

 

そもそも「叶わない」と決めつけていたら実現できないのは当然ですよね。

 

今回は無意識ながら、いつも、保護犬の動画を見続けたことで、リアルに「かわいい」という感情を、あたかも実際に犬がソバにいるようにリアルに抱けた、ことが、夢が叶った要素として大きな影響があったと踏んでいます。

 

また、ペット関連の必須アイテムについては、ネットのおかげで、欲しい情報がすぐに手に入ります。

お金をかけずとも知恵と工夫次第で、ある程度はなんとか揃えられると実感。

 

そして簡単なDIYをする際、ヒントや材料を物色するのは100円ショップが当たり前の時代!

 

使わない手はない。

 

その中でもSeriaは品数が豊富だからアイディアがわいてきます。わざわざ電車に乗って見に行きます。

いつも人でいっぱいです。

 

ペット用品に限らず欲しいものがあれば、まずジモティをチェックするのがおススメです。

 

中古品でもよければ、それなりに使えます。

 

 

-保護犬を迎える, 個性を磨く~経験×新たな好奇心~, 小さな好奇心も拾う

© 2021 マグノリアのカエル Powered by AFFINGER5