ビジネス書 学び

新しいライフスタイルを手に入れる手引書『テトラポッドに札束を~すべては絶望から始まる~』 和佐大輔著|★★★★★ 必読

投稿日:

『テトラポッドに札束を』(2013年発行)
著者 和佐大輔

評価 ★★★★★ 必読

総評 ネットビジネスだけでなく、ビジネス全般の心得が網羅
迷った時に、基本に立ち返り、勇気がわく言葉が詰まっている

 

読むきっかけ

 

組織を辞めてフリーとして社会に出ていこうと決めた際、

ネットビジネスの可能性に非常に惹かれました。

敬愛している糸井重里氏がサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を

始めたとき、今から約20年前になりますが、

糸氏重里氏の動向を見守っていました。

「ほぼ日刊イトイ新聞」が大きくなるにつれ

ビジネスとしてのポテンシャルがネットにあると確信。

そもそも、自分がメディアを持つこと自体が面白そう。

なぜなら、”アイディアを形にする”には、

まずはネットで情報発信してみるのが一番早い、からです。

しかし、糸井氏はタレントで有名人。

それも類まれな秀でた才能の持ち主。(あくまで私見です)

彼の持つタレント性が一般人の自分とは雲泥の差であることで

自分には到底マネできないと、あきらめていました。

ただ、それでも、組織を辞めて、

サイト構築の基礎を学び、WordPressを使って

本サイトを自分である程度作成し、自分なりに自由に

管理、運営するところまで来ました。

問題は、肝心のマネタイズです。

当然ですが、壁にぶち当たるわけです。

そこで調べていくうちに

和佐大輔氏のネットビジネス大百科に出会いました。

参考

ここでは詳しく述べませんが、
2019年2月に「新ネットビジネス大百科」が出ました。
無料で視聴可能です。和佐氏のパートナーである木坂氏が
これからのネットビジネスについて語っています。
全部視聴するには長時間ですが、今がどんな時代で、
これから何が求められるか、など、それなりに目からウロコで
新しい観点を得られます。

著者の和佐大輔氏は、ネットビジネス界のけん引者として

注目を置かれています。

そこで彼自身をもっと知りたくて、この本を手に取りました。

 

本の内容

 

和佐氏は12歳の時に海水浴中に飛び込み、

テトラポッドに頭から激突。

首から下の身体機能を失い車椅子生活に。

その後17歳でネットビジネスを始めると大成功。

“高校生で年収1億稼ぐ”として一躍有名になりました。

それ以来、年収が1億をきったことがないそう。

それも彼は割り箸を口でくわえて

パソコンをいじるやり方で、なしとげています。

 

本書は、どうして今、ネットビジネスなのか、

また、どうすれば“生きる”ことに喜びをえられるか、が

彼の強い言葉で書いてあります。

ビジネスは結局、どう生きるかに直結します。

今の時代、会社員=幸せ、の図式が大きく崩れ、

なにをして食べていけばいいか分からなくて、

皆、さまよっていると言っても過言ではありません。

とりあえず組織に入って

食い扶持を繋いでいる人がほとんどでしょう。

自分もその一人でした。

この本には、ネットビジネスの根幹だけでなく、

マネタイズの仕方まで書かれてありました。

まさに新しいライフスタイルを手に入れるノウハウが

ありました。

この本には、今の時代を生きるコツが書いてあります。

大げさですが、

本書の言葉たちが、

まるで宝石箱のようにキラキラと輝いているように

見えました。

2013年発行で若干古いですが、根っこの部分は不変です。

ネットビジネスに大いに可能性を感じられ、

自分の選択は間違ってなかった、 と

背中を押してくれる本になりました。


-ビジネス書, 学び,

Copyright© マグノリアのカエル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.