暮らしの知恵

~健やかな日々を作る

“混迷の時代”だからこそ生きる意味を問い直す 最強哲学書3冊

日本はバブル崩壊以来、ずっと閉塞感が続いています。 先が見えず、将来に不安を覚え、まさに混迷の時代です。 大手企業に就職すれば一生安泰という神話はとっくに崩れ、 少子高齢化が進み年金もどうなるかわから ...

不要な服は「洋服ポスト」が便利

  要らなくなった洋服はどうしてますか? 最近はフリーマーケットが数多くあるので、 各自、出店したり、お友達の中で回したり、 と有効活用する動きが以前に比べて 多くなってきたように見受けられ ...

理想の夫婦像とは? 『ふたりからひとり』つばた英子 つばたしゅういち著 ★★★★☆ おすすめ

『ふたりからひとり』 つばた英子 つばたしゅういち著 評価★★★★☆ very good!  おすすめ 総評 心のよりどころをどこにもっていけばいいのか? 生き方、を学べる本 読む理由 この本はドキュ ...

学び

~自分らしく生きるために
知識を身につける~

新しいライフスタイルを手に入れる手引書『テトラポッドに札束を~すべては絶望から始まる~』 和佐大輔著|★★★★★ 必読

『テトラポッドに札束を』(2013年発行) 著者 和佐大輔 評価 ★★★★★ 必読 総評 ネットビジネスだけでなく、ビジネス全般の心得が網羅 迷った時に、基本に立ち返り、勇気がわく言葉が詰まっている ...

将来の不安を一掃『10年後の仕事図鑑』 堀江貴文&落合陽一 |★★★☆☆ Good 読んで損なし

『10年後の仕事図鑑』 (2018年発行) 著者 堀江貴文&落合陽一 評価 ★★★☆☆ Good  読んで損なし 総評 分かっているはずなのに、ホリエモン、落合陽一の言葉で 語られると、妙に説得力があ ...

サイト制作の真髄がわかる本『Google AdSence マネタイズの教科書』★★★★★ excellent 必読!

『Google AdSence マネタイズの教科書』(2018年発行) のんくら(早川 修) (著), a-ki (著), 石田 健介 (著), 染谷 昌利 (著) 評価 ★★★★★ excellen ...

レンタルスペース

~行動を起こす
『自己実現』の場

レンタルスペースとして2階を解放しました

お知らせ 4月22日まで、1階の路面型レンタルスペースは 予約が入りました。 そこで、2階をレンタルスペースとして解放しました。 廊下がない分、若干1階より広めです。     備品 ...

“ツキイチスナック”レポート 2018年開催まとめ

ツキイチスナック 11月〜ママは映画業界女子〜 11月13日のツキイチスナックは、 “よくあるスナック”がテーマだった そして今夜のママは 老舗の映画館勤務、映画製作、配給宣伝会社勤務 フリーの企画開 ...

豊の部屋レポート 第7回|“竹紙&自主上映会という新境地を見つけた部長さん”

第七回 「“竹紙&自主上映会という新境地を見つけた部長さん”」 2018年3月2日 ゲスト:西村修 中越パルプ工業株式会社 営業企画部長 今回は、紙のエキスパートをお迎えしました。 特に日本の竹100 ...

美味しいを探求

~地元・四谷編 身体を作る~

「越の川 以志久」いつも混んでる新潟グルメ 和食|荒木町

感想は? 大皿料理とお刺身を指さしで注文。 壁に貼ってある色褪せたメニューは、串料理、揚げ物が中心。 そんな大衆居酒屋の色が濃く、料理は確かな味でお刺身も新鮮。 大将の体調や、旬の素材で、当日のメニュ ...

「道しるべ」絶賛 名物ねぎま鍋 和食|荒木町

感想は? 大切な人と特別な時間を過ごしたいならここ。 旬なものから、定番のおつまみまで、どれも絶品! 特に名物のねぎま鍋は、だしのうま味が極上で 五臓六腑に染みわたります。 こんな店 メニュー お刺身 ...

「八千代鮨総本店」和食・気軽に入れるお寿司屋さん|荒木町

感想は? ひとり、4000円強で、旬の魚のつまみやお寿司、それなりにお酒を飲んでのこの料金は、お安い!お寿司屋さんなのに居酒屋なみです。風情のある高級鮨ではありませんがそれなりにお寿司を楽しめることが ...

NEW ENTRY

2019/4/22

「越の川 以志久」いつも混んでる新潟グルメ 和食|荒木町

感想は? 大皿料理とお刺身を指さしで注文。 壁に貼ってある色褪せたメニューは、串料理、揚げ物が中心。 そんな大衆居酒屋の色が濃く、料理は確かな味でお刺身も新鮮。 大将の体調や、旬の素材で、当日のメニューが決まるのは、 最高のおもてなしです。 どんなお店? メニュー 当日にメニューが決まる大皿料理とお刺身 客層   中堅のサラリーマン中心 料金   6000~8000円 ランチ  なし お店のウリは・・・?   おもに旬の野菜を使った大皿料理。 カウンターに所狭しとその日につくった料理が並べられて ...

ReadMore

2019/4/18

新しいライフスタイルを手に入れる手引書『テトラポッドに札束を~すべては絶望から始まる~』 和佐大輔著|★★★★★ 必読

『テトラポッドに札束を』(2013年発行) 著者 和佐大輔 評価 ★★★★★ 必読 総評 ネットビジネスだけでなく、ビジネス全般の心得が網羅 迷った時に、基本に立ち返り、勇気がわく言葉が詰まっている   読むきっかけ   組織を辞めてフリーとして社会に出ていこうと決めた際、 ネットビジネスの可能性に非常に惹かれました。 敬愛している糸井重里氏がサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を 始めたとき、今から約20年前になりますが、 糸氏重里氏の動向を見守っていました。 「ほぼ日刊イトイ新聞」が大きく ...

ReadMore

2019/4/18

“混迷の時代”だからこそ生きる意味を問い直す 最強哲学書3冊

日本はバブル崩壊以来、ずっと閉塞感が続いています。 先が見えず、将来に不安を覚え、まさに混迷の時代です。 大手企業に就職すれば一生安泰という神話はとっくに崩れ、 少子高齢化が進み年金もどうなるかわからない、 そして結婚率も低く独身者も多い… 従来の「幸せの形」が完全に崩れてきています。 こうした従来の考えやイデオロギーが根本から揺らいでいれば 当然、生きる意味が見えづらい上に、探そうにも分からない… そこで、今一度、生きる意味を問いなおすことが 次に進める手掛かりになります。 生きる意味を問い、基盤をしっ ...

ReadMore

2019/4/22

「道しるべ」絶賛 名物ねぎま鍋 和食|荒木町

感想は? 大切な人と特別な時間を過ごしたいならここ。 旬なものから、定番のおつまみまで、どれも絶品! 特に名物のねぎま鍋は、だしのうま味が極上で 五臓六腑に染みわたります。 こんな店 メニュー お刺身、旬の揚げ物、おつまみまでどれも絶品 〆にねぎま鍋は絶対おススメ 客層   中堅のサラリーマン中心 料金   6000~8000円 ランチ  なし お店のウリは・・・? 四谷のレトロな飲屋街「荒木町」、 その界隈にある車力門通りに位置します。 店内は、こじんまりとして家庭的。 敷居が高い割烹や日本料理店のよう ...

ReadMore

2019/4/10

「八千代鮨総本店」和食・気軽に入れるお寿司屋さん|荒木町

感想は? ひとり、4000円強で、旬の魚のつまみやお寿司、それなりにお酒を飲んでのこの料金は、お安い!お寿司屋さんなのに居酒屋なみです。風情のある高級鮨ではありませんがそれなりにお寿司を楽しめることが、最大の特徴です。   こんな店 メニュー 定番のお寿司や旬なおつまみあり     冬は鍋(牡蠣/湯豆腐/アンコウ/ぶり)あり客層 平日はサラリーマン、   土日はファミリーや地元住民が中心料金 3000円~5000円ランチ あり(握りの定食あり) お店の特徴 荒木町で気軽にお寿司が食べたいときはこ ...

ReadMore

Copyright© マグノリアのカエル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.