マグノリアのカエルとは

40を過ぎると人生に迷うもの


人は40を過ぎると、否が応でも
人生のターニングポイントを

迎えるようです。

例えば、脳は、ドーパミンが出づらくなります。
ドーパミンとは神経伝達物質で、
やる気や快楽、健康など深く影響していると
いわれています。
ドーパミンが少なくなれば、
やる気につながりにくく、
“幸せ”を感じることも少なくなります。


案の定、組織にいても居心地の悪さを
覚えることが多くなったり、
仕事に対しても「このままでいいのか」という基本的な疑問が、
頭をめぐり始める…
そして明らかに体力もなくなる、

同時に、気力も衰える。
このまま人生が終わるのか…
と愕然としました。

いやいや、
あきらめるのはまだ早い、
新しいことをやるなら、

かろうじて体力のある今しかない!

しかし、いったい何を始めればいいのだろう


自分だけでなく、迷走中の、特に女性が、
周りになんと多いことか!

参考

「ほぼ日刊イトイ新聞」でも取り上げています。
40歳は惑う ゼロになって、ちゃんともがく-糸井重里

ネット空間で情報を発信することで
面白い展開につながり、

これからの人生の活路が見いだせたら、
迷走中の40代の方々に、

ささやかな勇気を与えることができるかもしれない、
と考えました。

ヴァーチャル空間×リアル空間で、
新しいライフスタイルの追求が、
いよいよ、始まります。

2018年10月7日筆

 

追記・新たな気づき

 

会社を辞めて、新しいライフスタイルを求めて2年、
1点、気づいたことがあります。

いろんな答えを求めて迷走してきましたが、
生きる意味なんて、一生かけても見つからない”という

ことです。
生きる意味なんてむしろ、ない、と言っていい。


気持ちが割り切れて改めて思うことは
よく言われているように、
結局は『今を楽しむ』ことにつながり
ます。

先が見えないこの世の中、不安になることは当然…
しかしながら、あきらめずに
「常に試行錯誤しながら、自分で考え、創ること」を
やり続けることこそ、意味があると自覚できました。

それをできるだけ楽しむ、ことが今の理想です。
恥ずかしながら、やっと腑に落ちて
実感として気づけた次第です。

気持ち的に楽になれました。

その過程で、役立つ情報や様々な気づきなど
新たに伝えていきます。

2019年4月3日筆

 

【事業目的】

Vision

『自分で考え、自分で創り、そして楽しむ』

~自分を犠牲にしたくないが、
大事なことに背をそむけて金儲けだけにまい進しない~

Mission

アイディアを場・情報・ネットワークによって
形にし、自己実現する

目的

新しい生き方や仕組みをデザインし 自ら実践、そして提案する

事業内容

  • 場の提供  レンタル×マッチング・スペース
  • 情報発信  サイトなど自主メディアの運営
  • 企画開発&プロデュース  アイディア・映画の企画を形にする
  • 上記1~3をかけあわせ、企画開発&プロデュースしていく

名前の由来

 

ちなみに、“マグノリアのカエル”の名前の由来は
『マグノリア』という映画です。
その映画ではカエルが象徴的に描かれています。
そこに非常に惹かれ、この名前を付けました。

よかったら、ぜひご覧ください。

作品情報

「マグノリアのカエル」1999年公開 アメリカ 尺187分

監督: ポール・トーマス・アンダーソン
製作: ジョアンヌ・セラー
脚本: ポール・トーマス・アンダーソン
撮影: ロバート・エルスウィット

出演: ジェレミー・ブラックマン /トム・クルーズ
メリンダ・ディロン /フィリップ・ベイカー・ホール
フィリップ・シーモア・ホフマン

更新日:

Copyright© マグノリアのカエル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.