2018年4月7日

ゲスト 服飾デザイナー/仕立士 高部葉子氏
「1枚の布から端切れを出さずシャツを作る仕立士」

【トークの概要】
高部さんの“一枚の布から端切れを全く出さずに造形するシャツ”が
国際的に有名なデザイン賞に輝きました。
どうしてそういうシャツを作るようになったのか、
動機やきっかけの話から、
そもそも服はどのように作られていくのか、
現代の洋服にまつわる社会問題、
また服の歴史などを語ってもらいました。

小さいころから自分でミシンを使って
洋服を作っていたほど手先が器用だったり、
服の構造を探るのが好きだったのが、
仕事の原点となっていたようです。

−洋服の構造・パターンについて

シャツを作る場合、 Mサイズはだいたい
110×150センチの木綿の長方形の布からつくる。
木綿1メートル市販のものは
1000円弱から2000円くらい。
ほとんどの洋服は布を直線でなく、
身体の線に合わせたカーブを使い
型紙を作り裁断するから必ず端切れがでる。
シンプルなTシャツのボディは4つのパターンと
首回りのテープからできている。
シャツは約20ぐらいのパターンからなる。
パターンの数は、デザイン次第で変わる。

−端切れについて

裁断時に一着分の布のうち2割前後は
端切れになると言われている。
大量生産(工業的に作る)の場合、
ひとつの服のパターンを一度に大量に機械が断裁し、
大量に端切れが出る。
そこに何かポジティヴな考えがない限り廃棄処分される。
服の生産工場のあるアジアの第三世界では
ゴミ再生の意識や技術が未開である状況といえる。
現在、ファストファッションの台頭で
より服がカジュアルに雑貨化し、プチプライスで
気軽に買える状況。個人の服の所有量が
この20~30年で劇的に増えた。
つまり、ばく大な量の服が生産されると同時に
端切れがゴミになっている。
素材によっては再利用されているが
残念ながらほんの一部と言える。
端切れの処分については、
もちろん第一に環境問題も引き起こすが、
私はそもそも服の生産サイクルの中に
アパレル産業の解決すべき課題が
複雑に絡み合っていると考えている。

−端切れの出ないシャツを作るきっかけ

前回のゲスト西村氏主催の銀座ドキュメンタリー上映会に
たまたま参加し、映画「トゥルーコスト」を観たのが
考えるきっかけとなる。

「トゥルーコスト」公式サイト
:http://unitedpeople.jp/truecost/

映画「トゥルーコスト」はアパレル産業の
構造的な問題をあぶりだすドキュメンタリー映画。
映画の中で、端切れがいくつもの巨大な山になって
野ざらしになっている映像があり、
アパレルに関わる人間として衝撃をおぼえた。

ちょうどその頃、プロダクトデザイナーの花澤啓太さんより
オリジナルシャツ開発の依頼が入り、
打ち合わせの中で映画の話をしたことがきっかけで
端切れのでないシャツ」をデザインすることになった。
アパレル製品は概ね60%前後の下代で小売店に出荷される。
大量生産すれば経費は安くなるだろう。
しかしそこで出た廃棄物を処分するには別のコストがかかる。
安く服が買える裏側で、大きな問題が起きている。
社会問題としてその側面がクローズアップされ
話ができるようになってきた。

−服の歴史を振り返る

恐らく我々のおじいさん、おばあさんの時代は、
オーダーや自前で服を作っていたし、
布が貴重なものという意識はあったと思う。
端切れができるだけ出ないように
効率よく仕立てていたはず。
端切れが出たとしても二次利用していた!
日本の着物は合理的にできていて、
カーブがなく効率的に配置されたパターン無駄がでない。
着物の時代、庶民は生涯に着物を何着も持てなかったから、
当て布して繕って大事に着ていた。
素材は木綿と麻の布が一般的で
絹地は身分の高い一部の人が着ていた。
世界的な服の起源というと、皆さん布の真ん中に
頭が通る穴を開けただけの貫頭衣を想像すると思う。
時代は進みローマ時代にはたっぷりの布を
体に巻きつけたドレープに美しさを追求し、

そこにデザインが入ってきた。
国家ができ人的階層ができると
デザインは権威を示すものでもあった。
もともと布は縦横真っ直ぐなロール状に
織られるのだから直線に切ったものを
組み合わせて使えば無駄がでない。
時代と共にデザインが発展して、
それによって集団の属性を表したり、
個々の様々な嗜好を反映するようになって
服の形が多様化し、そのためのパターンが作られて、
材料である織物も進化した。
少しづつ端切れが産出されるようになってきた。

−こだわり

計算をして割付けさえできれば、
布から端切れを出さずにさまざまに
個性的な服を作ることは可能だが、
自分がこだわったのは奇をてらわない
普段使いのシャツを作ること。
普通のシャツなら、
日常的に袖を通してもらえると考えた。

−苦労したこと

デザインの観点から形を追求すると同じだけ、
量産の際の断裁作業の効率を考えて
パターンを配置する苦労があった。
割付の際に図らずも出た小さなパーツは
シャツの裏ポケットにした。また販売上のルールがあり
洗濯品質表示やブランドタグもつけねばならない。
それらも布から確保している。
芯地等も含め一枚の布でシャツが完結できるようにした。

−受賞した“iF design award 2018” について

受賞の知らせが1月末か2月初めころにあり、
3月8日ドイツにて授賞式があった。
出席できなかったが。現在ドイツで受賞作品として
展示されている。日本製品で受賞しているのは、
大手メーカーの車やカメラ、電化製品、また建築など。
あらゆる分野の工業デザインが対象。
アパレル製品が受賞するのは前例がないと言われた。
3名1組で世界中から厳選された審査員が
200点ずつ見ていく。そこで選ばれたものがさらに
協議にかけられて厳しい審査で選ばれる。
ちなみに今回のエントリー製品は世界中から約6000点。
実はこの賞について自分もよく知らなかったが、
販売元がエントリーをしてくれていて、
受賞したことを喜び最高の賞だと仰ってくれた。
自分なりに時間をかけて練った製品なので
受賞の理由はぜひ知りたいと思ったが、
ハノーヴァーのレセプションに行けば
審査員の方に教えて貰えたかもしれない。
製品自体は鋭意生産中でこれから発売予定(4月後半)。
今年に入りさらにブラッシュアップを続けて
より着やすく品質の良い製品になったと思う

購入はプロダクトレーベル knotの
公式サイトを見てください。

knotサイト:http://knot.website/products/newpattern.html

布地は静岡・浜松産。
もともと浜松は綿織物の産地。
とても上質な綿織物を織られる世界的にも名の通った
古橋織布さんという織元の生地で、
長く着られる素材を使っている。

−版権について

知的財産については花澤氏と話し合い、
登録をしていない。
型紙を作る人がみれば再現、
もしくは、大きなヒントにはなるかもしれない。
このような考え方を提案したい。
シャツのほかスカートなども端切れを出さずに作っている。
スカートはシャツよりは簡単で、
現在、カルチャースクール等でも教えている。
このプロダクトについて話すことで、
端切れを出さないで服を作ることは
実はシンプルなことだと知ってもらう機会にしたい。


◯高部葉子 プロフィール ーーーーーー 静岡市出身。イトデザインアンドクチュール代表。 学校法人静岡理工科大学 静岡デザイン専門学校ファッションデザイン科 講師 1999年より静岡市に注文服のアトリエを構える。 日常服・舞台衣装・ブライダルドレスなど、衣類の仕立のほかにも空間の構成等、布を手掛かりにジャンルを越えて様々な仕事に携わる。 個展等多数。カルチャースクール等の講座ではオリジナルパターンで手軽に作る季節の服を提案している。 プロダクトレーベル knot と共同開発した、一枚の布から端切れを全く出さずに造形するシャツ 「new pattern」で、国際的なプロダクトデザイン賞である iF design award 2018 を受賞。