四谷にも行列のできるお店がある。

その代表例が、“四谷たけだ”だ。

四谷駅から徒歩1分、しんみち通り直ぐ。

開店11時にはすでに行列ができているので

どの店かすぐに分かる。

恥ずかしながら、地元住民なのに

入ったことがない。

まず、並ぶのがいや、というのと

店前の看板“満腹もりもり定食”を見て

食欲旺盛の学生や男性会社員がいくところだと

思い込んでいた。

さらに揚げ物中心のメニューとなると

味も検討がつきやすく、

入る気になれない…

ある日、知り合いの女子から

地元なのに行ったことがない、のは

もったいない!と残念な顔をされた。

そんな顔されたら行くしかない。

11時開店にあわせお店にいくと

すでに行列だ。

土曜日だから、あまり人がいないだろうと

たかをくくっていた。

結局、並ぶこと1時間、

やっとありつけた。

店内は13席。

カウンターが9席、テーブル席が2席のみ。

厨房には3人の料理人、一人だけのウエイトレスで

切り盛りしている… 並ぶ訳が分かった。

さて注文したのは、

お店の看板メニュー

“特選もちぶたロースカツ定食(130g)”

季節限定メニュー

“牡蠣のバター焼き定食”だ。

見た目通り、どちらも柔らかくジューシー。

揚げ物はサックサク。

キャベツの千切りもほどよい量で

みずみずしく美味しい。

テーブルにごまドレッシングが置いてある。

揚げ物のキャベツの千切りは、醤油があう。

カツには塩(テキサス岩塩)を、

牡蠣はバター醤油ソースをからめて食べて、と

店員がススメてくれた。

なるほど、うまい!

ボリュームがあるが

不思議とぺろっといただける。

牡蠣は鳥羽産生カキを使用。

素材にこだわりがある!

並ぶのが嫌な人は

すべて、持ち帰りができるので

電話注文し取りに行けばいい。

つぎはヒレコロ定食を頼む予定だ!

ちなみに

ちょうど日本テレビが

行列ができるお店として取材に

来ていた。

インタビューされたのであった!